のしごとトップつくり手のしごと珈琲 / COFFEE BAG すみだ珈琲

COFFEE BAG すみだ珈琲

東京・墨田区のしごと

すみだ珈琲

すみだ珈琲

東京の東側に位置する墨田区。下町風情が今でも残り、ものづくりの町としても知られるこの地の名前を付けたお店「すみだ珈琲」は、昭和31年に建てられた建物をリノベーションして作った小さなコーヒー専門店です。にぎやかな錦糸町にありながら、店内には穏やかな空気が流れています。

自家焙煎したスペシャルティコーヒーを、多くの方に気軽に味わってもらえる日常の社交場となれるようにとの想いから始まったこのお店は、店主自らが厳選した豆を自家焙煎し提供しています。訪れた人がコーヒーを通して交流したり、地元の方が紹介したくなる地域の誇りのようなお店を目指されています。

すみだ珈琲

すみだ珈琲の店主である廣田さんのご実家は、墨田区の産業でもある120年続くガラス製造店「廣田硝子」。地元のご縁を大切にしたいと、暖かい飲み物にも使える江戸切子を開発し、提供するコーヒーの器に使用することで、コーヒーを通じた地場産業の発信も担われています。

THE COFFEE HOUSEシリーズ

すみだ珈琲

すみだ珈琲オリジナル商品『THE COFFEE HOUSE』シリーズは、自宅でも気軽においしいコーヒーを味わってほしいと開発されたプロダクトです。名前に付けられたコーヒーハウスは、17世紀のイギリスでコーヒーを楽しみながら、お客さん同士が世間話に花を咲かせる社交場のことで、心地の良い空間のきっかけになればとの想いが込められています。

THE COFFEE HOUSE

スペシャルティコーヒー5種が楽しめるコーヒーバッグ『THE COFFEE HOUSE BY SUMIDA COFFEE』は、アジア限定のパッケージデザイン賞である「Topawards Asia」を2016年に受賞しており、プレゼントなどにもおすすめです。

使われている豆は、香りや風味が豊かな最高品質の「スペシャルティコーヒー」から厳選し、自家焙煎によりひとつひとつの特長を最大限に引き出したものです。

THE COFFEE HOUSE

コーヒーを抽出する際には、器に引っ掛けることができるコーヒーバッグが採用してあり、いつでもどなたでも簡単においしいコーヒーを味わうことができます。器のサイズなどを選ばないだけでなく、組み立てがない気軽さも魅力的です。

THE COFFEE HOUSE

コーヒーバッグの中には、グアテマラ、東ティモール、エチオピア、インドネシア、コロンビア等の計5種類のスペシャルティコーヒーが1つずつ入っており、その日の気分に合わせてお楽しみいただけます。

COFFEE BAG すみだ珈琲 ・販売者:株式会社すみだ珈琲
・生豆生産国名:グアテマラ、東ティモール、エチオピア、インドネシア、コロンビア等
・挽き方:中挽き
名称レギュラーコーヒー
原材料名コーヒー豆
内容量40g(8g×5袋)
賞味期限製造後1年
発送
・レターパックライト / 全国一律:360円
・COFFEE BAG「2個」までならレターパックライトでお届けが可能です。
・対面ではなく郵便受けへお届けです。
・お届け希望日、配送時間の指定がご利用できません。
・ご注文の品が入らない場合は、レターパックプラスに変更する場合があります。
・レターパックプラス / 全国一律:510円
・COFFEE BAG「4個」までならレターパックプラスでお届けが可能です。
・対面でのお届け
・お届け希望日、配送時間の指定がご利用できません。
・ご注文の品が入らない場合は、宅急便に変更する場合があります。
・宅急便(クロネコヤマト)
・対面でのお届け
・お届け希望日、配送時間の指定ができます。
・代金引換便(ゆうパック)
・対面でのお届け
・お届け希望日、配送時間の指定ができます。
お支払い
・クレジット
VISA、ダイナース、マスターカード、JCB、アメリカン・エキスプレスでお支払いいただけます。
・代金引換
ゆうパックまたはゆうメールでのお届けになります。代引き手数料がかかります。
複数商品のご注文について
・こちらの商品は、別の商品との同梱不可商品です。
他の商品と同時にご購入いただいた場合、別々の便にて発送となり送料が2重に加算されます。予めご了承の上、ご注文ください。
ご購入前に知っておいていただきたいこと
  • ・ご覧になっているモニターやブラウザ環境などにより、実際の色や素材感が異なる場合があります。大きさ、イメージ違いによる返品・交換はお客様都合になります。
    よくあるご質問
    ・保存方法は?
    高温多湿を避けて保存してください。また、開封後はできるだけ早めにお召し上がりください。

    COFFEE BAG すみだ珈琲

    <特集>こちらも合わせてお読みください

    PAGETOP