のしごとトップつくり手のしごと日用品 / KITO 豆皿 ひし 四十沢木材工芸

KITO 豆皿 ひし 四十沢木材工芸

石川県輪島市のしごと

四十沢木材工芸

四十沢木材工芸

1947年創業の四十沢(あいざわ)木材工芸は、伝統工芸である輪島塗の漆器用の木地を作る会社で、手作業と機械加工を組み合わせ、指物、曲物、ロクロ、刳(く)りものまで幅広く対応し、様々な生地を作っています。

四十沢木材工芸

木地(きじ)とは、塗料を塗る前の材料の木を粗挽きしたもののことを指します。輪島塗は、木地に塗りや装飾など124もの工程を経てできあがるため、木地は最初の重要な工程を担っており、木地なくしては漆器を生み出すことはできません。

KITO

四十沢木材工芸

漆器の木地を作っていた四十沢木材工芸が2013年より始めたのが、これまでのノウハウを最大限に生かし製造を始めたオリジナル木製品。2019年には、木といっしょに日常を過ごせるようにと名付けられた「KITO(きと)」シリーズをスタートしました。

四十沢木材工芸

KITOシリーズは、クルミ油を塗って仕上げたシンプルなもの。無垢の木が持つ心地よさや、安らぎを存分に味わえる製品です。漆器などと比べ、メンテナンスには非常に手間がかかり、取り扱いも注意が必要な製品ではありますが、お手入れをしていくうちに美しい色合いに変わっていき、日々の暮らしの中に馴染んでいくのが特徴です。

KITO 豆皿 ひし 四十沢木材工芸

カートボタンが表示されない場合は、在庫切れです。

PAGETOP