「のしごと」トップ / リガレッセの看護と介護展

リガレッセの看護と介護展

「のしごと」
リガレッセの看護と介護展

1月24日(金)から、伝所鳩で新しい展示「リガレッセの看護と介護展」が始まります。

リガレッセのある豊岡市は、兵庫県の最北端。人口わずか8万人の小さな町です。自然豊かな恵まれた地域ですが、現在まで大学がないなどの理由から若い人の都会への流出が激しく、高齢化や人口減少といった、多くの地方が抱える問題をこの地域も抱えています。

そのような中で、病気をすれば病院に行くという当たり前の状況だけでは、これから先を乗り越えていくことができません。例えば、普段から食べている食事を変える食事療法をしたり、運動をしたり、自分の好きなコミュニティに参加するといった、病気をしないための予防療法も必要になってきます。また、もし病気をしてしまった場合に、病院に入れなくなる状況がこの先出てくるかもしれませんし、一人暮らしで体が不自由な方は自分で病院に行くこともできないかもしれません。そんな時には、自宅まで来て看護や介護でそばに寄り添ってくれる方が必要です。

リガレッセは、看護師が病院に勤める中で今の医療の在り方に疑問と限界を感じ、たった一人で起業して作った会社です。訪問看護事業からスタートし、今では看取りや終末期看護にも対応した小規模多機能型居宅介護事業所と正しい食を学び味わえるオーガニックカフェ「miso(みそ)」を運営しています。

伝所鳩の展示では、リガレッセが行う事業を一つずつ丁寧にご紹介するだけでなく、看護や介護を考えている方が、この先を見据えて考えてみようと思ってもらえるようなきっかけになればと考えています。

また、今回初の取り組みとして、リガレッセが訪問看護でケアをする際、実際に使っている商品や、カフェで作っている商品を伝所鳩で商品化するお手伝いをさせていただきました。リガレッセを訪れることが難しい方、サービスをお願いすることが難しい方に、商品からまずは体感していただければと思います。

企画展|商品販売会

会社のことや仕事のことを紹介する展示と、リガレッセが看護や介護の視点で選んだ商品を伝所鳩が商品化。イベント限定で販売します。

・日時:2020年1月24日(金)~2月10日(月)
・場所:伝所鳩 墨田(東京都墨田区東向島1-23-13-2F)
・営業時間:11:00~17:00
・定休日:火曜・水曜日

一日だけのイベント

すみだ青空市ヤッチャバに一日限定で出店します。リガレッセで実際に提供している兵庫県北部、但馬地方でこだわって作られたお野菜をお届けします。

・日時:2020年2月1日(土) 8:00~16:00頃
・場所:東京都墨田区京島1-1-1 イーストコア曳舟前広場

(2020.01.14)

その他の記事

PAGETOP