「のしごと」トップ / 服の生地はどうやってできるかご存知ですか?

服の生地はどうやってできるかご存知ですか?

「のしごと」
宮田織物

はんてんのわたの気持ち良さ、暖かさは、着ていただいて体感してもらうのが一番なので、「宮田織物のしごと展」では、いろいろなはんてんを試していただけたらと思います。試して興味を持っていただけたら、次は生地に着目してもらいたいです。宮田織物さんのすごいところは、やっぱり生地です。

服の生地ってどうやってできているか考えたことってありますか?宮田織物さんは、その名前からも分かるように織物メーカーです。一本の糸を選ぶところから始まり、柄や模様を自分たちで考案し、織り上げています。はんてんの様々な柄はプリントではなく、様々な糸を使い糸の織り方で模様を表現をしている非常に手間のかかったものです。つまり、はんてんで使われている生地は、どこにでもあるものではなく宮田織物さん独自のもの。気の遠くなるような作業を淡々とこなす方々がいるから、この独特な風合いや模様が生み出されています。

プリントではなく織りによって表現された模様、そう考えて生地を見ていただくとどうやってこれは織っているの?と不思議に感じる柄もたくさんあって、織物の奥深さを感じていただけるかと思います。

日時 2019年1月19日(土)~31日(木) 休み:水曜日、第2・4火曜日
会場 東向島珈琲店(東京都墨田区東向島1-34-7)
最寄り駅 東武線「曳舟駅」徒歩4分、京成線「京成曳舟駅」徒歩8分
参加費 無料(会場は飲食店のため、必ずワンオーダーをお願いします)
主催 のしごと
協力 宮田織物株式会社
(2019.01.22)

その他の記事

PAGETOP