「のしごと」トップ / 体に負担のない防寒着

体に負担のない防寒着

「のしごと」
冬椿奴

今年の冬は、雪は少なかったもののとても長く、そして辛く、厳しいものだったように思います。そんな冬の生活を支えてくれたのは、なんと言っても宮田織物さんのはんてんでした。大げさかもしれませんが、とにかく今年の厳しい冬ははんてんの暖かさに、何度救われたか分からないと言ってもいいくらい心強い存在でした。おかげで、風邪を引くなど体調を崩すこともなくここまで過ごしています。

はんてんは、パソコンと向き合うことが多い仕事でも大活躍してくれました。職業病とも言える肩こりは、服を着こむ冬に特に酷くなり、ずっしりとした重さの防寒着ではそれが顕著にでていました。でも、綿でできた軽量なはんてんは、それだけで暖かいので中はそこまで着込む必要もなく、肩こりが軽減されていきました。

これまであまり機能面を意識して服を選ぶということをしていませんでした。でも、はんてんを着るようになってから、他の防寒着が体に負担をかけていることがとても良く分かるようになり、着る服によって体に無理をさせなくていいことが分かるようになりました。本当に、はんてんと出会えて良かったなと思います。

はんてんのおかげで、この冬ももうすぐ乗り越え春の訪れに嬉しくなる一方で、はんてんがもう着られないのかという寂しさもあります。でも、来年また着れる日を楽しみにしつつ、もう少しの間だけはんてんを楽しもうと思います。

(2019.02.16)

その他の記事

PAGETOP