「のしごと」トップ / 晴れの少ない地域

晴れの少ない地域

「のしごと」

豊岡にUターンして一番驚いたのは、晴れの日が東京に比べて圧倒的に少ないこと。冬場、カラッと晴れた日は月に数えるほどしかありませんでした。特に、今年は晴れたと思ったら急に大雨が降り、そうかと思えばすぐに快晴になり、またどしゃぶりになるみたいな天候が急変する日が頻繁にあり、天気予報はほとんどあたりません。これから梅雨の時期が近づくとさらにジメジメとした気候になり、夏が待ち遠しいです。

雨が降ったり、どんよりと曇った日が続くと、どうしても気持ちも下がり気味になってしまいます。都会に出るまでは考えたこともありませんでしたが、そういう意味でもやっぱり都会は暮らしやすいなと思います。

そんな天候が安定しないこの地域には、天候に左右されやすい仕事がたくさんあり、それを生業にされている方が多くいます。農業はまさにその最たる仕事かと思いますし、漁師さんや大工さんも天候によっては仕事に出られないこともあります。でも、昔からこの気候の中で暮らし働いている方たちは、やっぱり対応力が違います。ちょっとの天気の変動に動揺することもなく、淡々とこなしていく。地方で生活している人たちは、自分で生きる力をしっかりと持っている方が多いように思います。

パソコンの前に座っている仕事では、想像もつかない世界です。

(2019.04.12)

その他の記事

PAGETOP