「のしごと」トップ / 伝所鳩工事・解体作業

伝所鳩工事・解体作業

「のしごと」
伝所鳩

3月より始まった伝所鳩の工事。のしごとで、以前からお世話になっている大工さんにお願いをしました。まずは、解体工事からスタートです。大きな工事のポイントは、天井・壁・床。

屋根は、一部が腐っていたため剥がし、新しく張り替える際には、少し高さを上げ解放感を出していただきます。壁は、もともとの土壁の上に貼ってあった断熱材や合板を撤去し、最終的には壁材を塗り明るい色に変更。そして、床は大きく傾いていたため水平になるよう、一旦剥がし張り替えてもらいます。

今回の解体作業は、新しく張ったり塗ったりするための下準備。瓦屋根だったこともあり、天井を剥がしてみると長年蓄積された大量の土埃が落ちてきて、現場はみるみるうちに真っ白に。

しかし、解体作業を行っていただいたことで、天井が抜け、壁が取り払われたことで、全体的にとても広くなったように感じます。昔の建物らしい味わい深い梁も天井の上から現れ、これからどんな空間になっていくのかワクワクしてきます。

次回は、床の張り替えについてお伝えさせていただきます。

(2019.05.11)

その他の記事

PAGETOP