「のしごと」トップ / 伝所鳩工事・床の補修

伝所鳩工事・床の補修

「のしごと」
伝所鳩

伝所鳩の建物は、中に入ると少し傾いていることが素人が見ても分かるような状態でした。それは、天井であったり柱が傾いているのかと思っていましたが、大工さんに見てもらうと床も傾いていて、ビー玉を置けば転がっていくほど。

この状態のままでは、来店くださったお客様にゆっくりと過ごしてもらったり、商品を選んでもらうにはあまり快適な空間とは言えません。そこで、床が水平になるように、一部を除いた現状の床板を外し下地を組み直し、水平になるように床を張り直していただきました。

工事が進んでいくと見た目が綺麗に修復されていくのは、目に見えるので分かりやすいです。しかし、こうした目に見えにくい部分は、すぐには変わったことは分かりませんが、長くこの空間にいると快適さが全く違うことを体で感じられます。伝所鳩は、着々と過ごしやすい空間に生まれ変わり始めています。

【クラウドファンディング挑戦中です!応援よろしくお願いいたします!】
自分の知らない地域の日常を知れるお店「伝所鳩」を墨田区の商店街で一緒に作りたい!

(2019.05.14)

その他の記事

PAGETOP