「のしごと」トップ / 現場にいない場合の伝え方

現場にいない場合の伝え方

「のしごと」
改修工事

東京出張が終わって、今朝早くに但馬に戻ってきました。

東京へ行ってる間も、但馬の伝所鳩の工事は進めていただいていたようで、現場に来てみるとところどころが進化していました。

しかし、その場にいないと伝わりづらいこと、伝えられないことは多々あります。写真に写っているライティングレール用の下地の色も黒く塗っていただいてますが、想像していたものとイメージが違い、もっとしっかりと伝えるべきだったなと反省した点でした。伝えたつもりでもやはり現場にいて調整しながら進めていくことの大切さを感じました。

明日からの工事はまたこちらで引き取り、引き続き一人で進めていくことになりますが、いよいよ大詰めの状態。壁塗りもあと少し。細かな調整をして什器を入れれば、完成までもう少しとなりそうです。

果たして但馬の伝所鳩はどのようなものになるのか、作っている本人もまだあまりイメージが沸いていませんが、自分で作った空間は思い入れはたくさん。いろんな方に見てもらえたらなと思います。

(2019.06.26)

その他の記事

PAGETOP