「のしごと」トップ / 量販店から個人店へ

量販店から個人店へ

「のしごと」
空

豊岡にUターンしてからというもの情報収集はもっぱらネットのみ。こちらに住んでいると得られる情報はどうしても限られてしまいます。

先日、家電量販に行ってみると、お店の広さは都会に比べると広いにも関わらず、圧倒的に商品は都会に比べると少ない。これでは、限られた情報の中で商品を選ぶしかなく、量販店にも関わらず得られる情報はとても限られており、地方と都会で情報格差が生まれるのもうなづけます。

地方の家電量販のようなお店は、どちらかというと中途半端なような気がします。ネットを使える若い方にとっては、このような家電量販では物足りず、ネットで調べた方がたくさんの商品を探すことができ選択肢は多いですし、値段も安い。逆にネットを使えない高齢者の方は、家電量販店に行くのは大変で、きめ細やかな対応をしてくれる昔から付き合いのある個人の電気屋さんに相談することが多いようです。

一時期は家電量販店が増え、個人の電気屋さんはどんどんと減ってきていましたが、これからは地方の家電量販の方が減り、電気屋さんの方が需要が伸びてくるようにも感じました。そんな時代の中で自分たちはどんなお店を目指すべきなのか改めて感じさせられます。

(2019.07.16)

その他の記事

PAGETOP