「のしごと」トップ / インタビューすること

インタビューすること

「のしごと」
インタビュー

現在、一つの企業のウェブやカタログといった制作物、そしてコンテンツ制作をまるっとまとめて引き受けさせていただいていて、その関連でスタッフの方へのインタビューを行ってきました。

社長に始まり、スタッフの方を一人ずつインタビューしていくのは、九州にある「宮田織物」さん以来。あの時は、簡単に何度も伺える距離ではないということで、2日間で8人をインタビューするという過密スケジュールでしたが、今回は1日に1人のペース。のんびりと進めてはいますが、インタビューが始まってしまえば、頭はフル回転。ここ最近インタビューが終わり車に乗るとふらっと眩暈がするほど、どっと疲れがやってきます。

今回のようなインタビューは、すみだの仕事の求人とはまた違った形式で、どうやって進めていくのがいいのか、文章はどう組み立てていくのがいいのか、インタビュー中も記事を書いている間も常に悩みます。まだまだこれだという自分の形が確立できていないのかもしれません。

インタビューは、質問する側がされる側の思考を整理していく役割もあると思っています。普段改めて聞かれることのない質問をしていくことで言葉が詰まったり、考え込むこともあります。でも、こちらが求める回答を引き出すために誘導していくのではなく、一緒に考えながら答えを導き出していくことで、改めて仕事を見つめ直すきっかけになってもらえればなと思っています。

今日は、最後に「ああ、これですね」という言葉とすっきりとした顔が見れて、こちらもとてもほっとしました。

(2019.08.24)

その他の記事

PAGETOP