Cafe Fika

「のしごと」
Fika

少し前に、養父市大屋町にできたCafe Fika(フィーカ)さんを訪ねました。伝所鳩豊岡ともオープンが近い新しいお店です。

どこまで進んで行くんだと、心配になってしまう山間の道をどんどんと進んでいくと、ようやく見えてきたFika。山に囲まれ、周りにはほんのわずかに民家があるだけ。山奥にあるとは聞いていたけど、知らない人はまず来ない場所にお店はあります。

Fikaを営むご夫婦とは、旦那さんが東京の茗荷谷で営んでいた「totoru(トトル)」というお店で知り合いました。当時、東京に住む但馬の方々が知り合う機会を作るためのイベントを主催していた時に、そのお店を使わせていただいたご縁からでした。

Fikaは、お二人が空き家を購入し自分たちでリノベーションして作ったお店。ボロボロだった状態からの改修工事にはかなりの期間がかかってしまったそうですが、そんな様子もブログで発信していて完成するのを個人的にも楽しみにしていましたが、昔からの建物が持つ魅力を活かした温かな雰囲気の内装に仕上がっていました。

お店の前には川が流れ、縁側に座ると山と川が一望できる景色や、周りには畑があってそこで野菜なども栽培されているなど、ここならではの暮らしやお店のスタイルを楽しむ様子が伝わってくるようでした。

車がないと来れないような場所にも関わず、年配の方がちょくちょくとやってくるのは、きっと地元の方なんじゃないかな。地元の方にとって、既に欠かせない憩いの場所になっているのかもしれません。また伺いたくなるお店でした。

(2019.12.01)

その他の記事

PAGETOP