「のしごと」トップ / お店を健全な状態へ

お店を健全な状態へ

のしごと
汐入公園

おはようございます。本日より伝所鳩墨田店、2020年の最初の営業をスタートします。

お店がオープンして半年。どうにかこうにか続けることができましたが、売上と初期費用で考えると厳しい状況だったと思います。ただ、今は種まきの状況でしばらくはこういう状態が続くことも想定していました。

売れる商品をセレクトせず、取材した商品のみを扱うという形態は、商品点数がなかなか増えないですし、ひとつひとつの商品を紹介する手間や労力も大きく、コストは見合わないし、売れるまでには時間を要してしまいます。特に、企画展を開催するパワーや予算は、ほとんどが伝所鳩の持ち出しで行っているため、展示を行えば行うほど赤字になります。だから、苦しくなることも分かっていましたが、分かっていても家賃などのイニシャルコストがかかってくると、どうしても売上を求めてしまいがちになってしまいます。

でも、伝所鳩がやりたいことは他にないお店。物を売るためのお店ではないので、そこを忘れないようにしないといけません。だから、この半年は、大変なことも辛いことも多かったです。でも、なにより楽しいこともたくさんあって、始めたことを後悔する時もありましたが、チャレンジしてみてよかったなと思います。やらないよりはやって失敗した方がずっといい。うまくいってもいかなくてもきっとそう思える気がします。

今年は、お店を健全な状態まで持っていくことが最大の目標です。たくさんの生産者さんや会社を紹介していくには、まずは自分たちがしっかりと経営できていなければそれもできません。自分たちが理想とするお店を目指しながら、しっかりと利益を出していく。そのためには、やらないこと捨てなければいけないことも多いですが、やるべきこととやらないことをしっかりと選択し、選択したものに集中して取り組んでいこうと思います。

(2020.01.04)

その他の記事

PAGETOP