「のしごと」トップ / 移住したらしたいこと

移住したらしたいこと

のしごと
田植え

豊岡でも田植えが始まりました。梅雨でジメジメする時期でもありますが、新緑のこの季節は、山々も美しく晴れた日はとても気持ちがいいですね。

地方へ移住した方の中には、田んぼや畑をやってみたいと思っている方も多いと思います。ぼくも東京から豊岡に戻ってきたら、お米づくりを引き継ごうとか、畑で自分が食べる分の野菜を作りたいなどと考えていました。しかし、実際戻ってみると日々の仕事や暮らしに必死で、なかなかそこまでできないのが現状です。不思議なことに東京にいた時よりも、田舎にいるほうがなんだか忙しい気がします。

豊岡は、兼業農家さんが多く、仕事をしながらお米づくりや野菜を作る方がいます。今お世話になっている大工さんをはじめとした業者さんもそうですし、近所の方も大体がそうです。だから、今日は田植えがあるからお休みします。なんてこともありますが、仕事を抱えながらもお米を作っているのはいつも関心します。

しかし、専業農家の方というのはあまり聞かないので(もちろんいないわけではないです)、お米や野菜だけを作って暮らしている方というのは珍しいかもしれません。自分が食べる分だけを作り、そこから作る分が少しずつ増えていき余った分をスーパーや道の駅に卸しているというのが、この地域の方の多いパターンかと思います。

移住して農業を始めたいと思っている方は、本格的に始めようと思うと農機具を揃えたり、苗や種を買ったりと初期費用もかなりかかるので、まずは小さく始めてみるのがいいように思います。地域には作り方を知った先輩たちがたくさんいるので、ぜひお話を聞いてみてください。きっと丁寧に教えてくださるはずですし、道具なども貸してくれるかもしれません。

(2020.06.18)

その他の記事

PAGETOP