「のしごと」トップ / 伝所鳩 豊岡店 工事の様子20

伝所鳩 豊岡店 工事の様子20

「のしごと」
伝所鳩 豊岡

投稿がしばらく空いてしまいましたが、改修工事は時間がかかっているもののどうにかこうにか前に進んでいます。

伝所鳩 豊岡店は、空き家だった古民家を再活用し、さらに建具や家具などもできるだけあったものを使ってリニューアルを行っています。そのため壁や天井などに、いずれは産業廃棄物になってしまう壁紙(クロス)を使うことにどうしても抵抗があり、大工さんにも壁紙は使わない方向でお願いをしていました。

しかし、二階は梁を見せるために天井を高く、そして斜めに施工してもらったことで、ペンキなどの塗装ではすぐに割れてしまう恐れがあることから、どうしても壁紙にしてほしいと言われ、天井だけは泣く泣く壁紙を施工してもらうことにしました。

伝所鳩 豊岡

壁紙は、二人の職人さんが手がけてくださったのですが、全ての石膏ボードにパテを塗っていき、それから一気に壁紙を貼っていく様子はまさに職人技。壁紙は環境や体にもあまり良くないという話を聞いてどうしても印象が悪かったのですが、これだけの大きな面積をさらに高所で貼っていくのは、素人には到底できるわけもなく、ただただ関心していました。

そして出来上がった仕上がりは壁紙とは思えないほど。結局、同じように塗装がしにくい階段や、水回りの洗面やキッチンも壁紙で仕上げてもらいました。時間とともに壁紙は色が変わったり、剥がれてきてしまいますが、これだけ大きな面積を塗装で仕上げていたらお金も時間もかかっていたと思うので、結果よかったかなと思います。

(2020.07.01)

その他の記事

PAGETOP