「のしごと」トップ / 現代の「はんてん」を体感して欲しい 宮田織物

現代の「はんてん」を体感して欲しい

宮田織物「のしごと」
宮田織物

1月19日(土)より開催する「宮田織物のしごと展」は、宮田織物という会社を伝えることを目的に、代名詞でもある「わた入れはんてん(袢天・半纏)」の展示・販売を行います。

宮田織物は、創業百年を超える織物メーカーですが、「わた入れはんてん」を昭和40年から開始し、最盛期には年間50万枚もの生産量がありました。

「はんてん」と聞き、どういうイメージをお持ちでしょうか。地域によっては「どてら」と呼ぶところもあるかもしれませんが、昔ながらの部屋着のイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

宮田織物

そんな「わた入れはんてん」は、時代に合わせた形やデザインにアップデートし、部屋着としてはもちろん、外出時のアウターとしても十分通用するデザインで、現代のライフスタイルにもマッチした機能性防寒着に進化しています。

「宮田織物のしごと展」では、そんなモダンで粋な新しいはんてんを体感していただけます。写真は、DMの撮影にも使った「山並みはんてん(15,000円+税)」。もちろんこちらも試着・購入いただけます。

宮田織物

■展示概要
「宮田織物のしごと展 ~日本のダウンはんてん~」
・日時:2019年1月19日(土)~31日(木)
・会場:東向島珈琲店(東京都墨田区東向島1-34-7)
・最寄り駅:東武線「曳舟駅」徒歩4分、京成線「京成曳舟駅」徒歩8分
・参加費:無料(会場は飲食店のため、必ずワンオーダーをお願いします)
・URL:https://noshigoto.com/cate-news/21663
・主催:のしごと(https://noshigoto.com
・協力:宮田織物株式会社(https://miyata-orimono.co.jp

(2019.01.11)

その他の記事

PAGETOP