「のしごと」トップ / はんてん専用の特注品

はんてん専用の特注品

「のしごと」
宮田織物のしごと展

2019年1月に開催していた「宮田織物のしごと展」では、たくさんのはんてんを会場に展示しました。しかし、東向島珈琲店は展示するためのスペースはあるものの、洋服屋さんではないので、はんてんが展示できるような什器は一切ありません。

そのため、はんてんをかけるために設けた什器は、知り合いの大工さんにお願いをして作ってもらいました。この展示のためだけのはんてんのサイズに合わせた特注品です。

宮田織物のしごと展

お店の展示スペースには、もともとテーブルが二つ設置されています。平面で商品を並べる形であればこのテーブルをそのまま使うことができるのですが、はんてんのような洋服の場合は、畳むのではなくかけて展示した方が選びやすく、試着した後に畳む手間も省くことができます。そうしてできたのが、テーブルの高さを活かしたこの什器。

手前側には丈の長いはんてんを、真ん中には通常丈のはんてんが、ちょうどぴったり収まるサイズでかけられるように計算されて作られています。

宮田織物のしごと展

この什器のすごいところは、固定している箇所が左上の一か所のみだけ。はんてんを取ったりかけたりをすると倒れるんじゃないかとちょっと不安な見た目ですが、たくさんのはんてんの重みにも、衝撃にもびくともしない安定性でした。

また、釘を使用しているのは、ポールを取り付けている金属部分のみ。それ以外で釘は一本も使っていません。さらに、使用している木材は廃材を利用し、あらゆる面でコストも抑えて作ってくれてました。ひとまず一旦役目を終えたこの什器、壊すかどうか迷うところです。

(2019.02.11)

その他の記事

PAGETOP